現状回復は見積もりからスタート│契約期間も見据えて行なおう

確認する事が重要

作業員

建物が図面通りに建築されているのかを確認するのは、素人ではなかなか分かりません。ですから、設計管理を業者に依頼する必要があるのです。まずは設計事務所やハウスメーカーに相談してみるのが良いでしょう。

もっと読む

法人が退去する時の工事

集合住宅

貸事務所を借りていた法人が事務所を退去する際には、内装を現状回復してオーナーに返却することが必要になります。この工事のことを現状回復工事といい、内装業者などが工事を担当します。現状回復工事は個人と法人では工事の内容が異なり、法人の事業用賃貸の現状回復工事では、クロスや床板、照明器具や天井の塗り替えなどの工事が行われます。工事代は全て借主の法人が負担することになり、自然損耗による劣化の工事代も借主が負担します。法人の事業用賃貸の場合は、現状回復工事は契約期間中に行うことが必要で、現状回復工事が終了してから退去することになります。現状回復工事の工事代は工事の内容によって違いがありますが、坪当り25000円から30000円程度が相場です。

貸事務所や貸店舗を借りていた法人が退去する時には、賃貸借契約が終了する日までに現状回復工事を行うことが必要になります。現状回復工事は借主の義務ですので必ず行うことが必要で、万一、工事を行わずに退去した時には貸主から損害賠償を請求される場合があるので注意が必要です。事業用賃貸は契約自由の原則が重視され、退去時の取り決めは契約の際に細かく規定されています。法律に違反していない限り契約書に書かれていることは絶対ですので、契約書の内容に基づいて退去の手続きを行うことになります。現状回復工事の工事費の相場は、坪当り25000円から30000円程度ですので、この相場を参考に施工業者を決定することが大切です。工事代が相場とあまりにも乖離している業者は問題があるので注意します。

魅力のある物件に

インターホン

マンションの入居率を高めるためには、充実した設備を用意しておくことが大切です。そのためにインターホンを導入したいのならば、専門の工務店に依頼してみることをオススメします。マンションのタイプに合ったものをスムーズに設置してくれるため便利です。

もっと読む

賃貸と工事業者

男性作業員

賃貸アパートやマンションを所有している場合、退去者が発生した際には現状回復の工事が必要になる。その際には、複数業者から見積もりを取り金額を比較することと、合わせて期間の確認をしておくことも重要になる。

もっと読む