奇跡の現状回復を体感しましょう|熟練の目が現場を見極める

賃貸と工事業者

男性作業員

賃貸アパートやマンションなどにおいては、入居者が退去後、元の状態に戻す現状回復が必要になる。現状回復を行う際においては、注意点がある。その注意点としてまずあるのが、業者によって改修の費用が大きく異なるということがある。同じ部屋の状態においても、業者により金額が異なってくるため、複数の業者から見積もりを取ることで比較することが重要になる。また、見積を取る際には、実際の部屋の状態を確認してもらった上での金額を出してもらうことが必要となる。概算の見積もりだけの場合には、実際に改修を行う場合に、想定金額と大きく変わるケースもある。その為、部屋の状態を確認してもらい、実際の費用を確認しておくとトラブル防止にも繋げられる。

現状回復を行う際の工夫としてあるのが、元の状態に戻しつつ、部屋の価値を上げていくということがある。退去者が発生した後に通常は現状回復の改修を行うが、合わせて次の入居者を探す必要性もある。その際、部屋の状態が良いことに加え、機能性やデザイン性が上がっていることで、入居者を見つけやすくできる。その為、現状回復では一定の資金が必要になり、別途リフォームなどを行うことを考えた場合、合わせて行う方が効率的である。また、業者を選定する場合に、金額の比較と合わせ工事期間の確認も重要になる。現状回復の工事が終わらないと、次の入居者の入居ができなくなる。その為、費用面で安いのに加え、素早く対応してくれる業者選定もポイントになる。